育毛剤を無駄にしない!イクオスの正しい使い方!!

育毛剤イクオスの使い方は、1日に2回、1回につき20プッシュ程度の量を頭皮になじませ、しっかりと成分を浸透させます。

せっかくのイクオスの成分を無駄にしないためにも、しっかりと使い方は理解・マスターしておきましょう。

公式サイトによる育毛剤イクオスの使い方!

まずは公式サイトで紹介されている使い方を復習します。やはり公式サイトの情報が基本ですからね。

基本的な使い方は次のとおり。

① 1日に2回使用する
② 1回につき20プッシュ程度(2ml)使用する
③ 気になる部分にダイレクトに使う(頭全体に使用する必要はない)
④ イクオスの溶液を使用したら、1~2分ほど待つ
⑤ イクオスを使用した部位をしっかりとマッサージし、成分を頭皮に浸透させる

①1日に2回使用する

イクオスの使用回数ですが、1日に2回、使います。

これは育毛剤としては標準的な使い方で、多くの育毛剤が1日に2度使うタイプとなっています。

時間帯としては特に指定はありませんが、基本的には朝と夜(夕)の2回にかけて使うのが便利でしょう。

②1回につき20プッシュ程度(2ml)使用する

育毛剤イクオスの1回の使用量は2mlとなっています。

これはちょうど20プッシュに相当します。

それ以下だと少し効果が弱まってしまう可能性がありますし、多すぎると1カ月分が足らなくなってしまう可能性があります。

ここは面倒くさがらずにちょうど20回プッシュするようにしましょう。

ちなみに、育毛剤イクオスの1ボトルには120ml液体が入っています。

1回の使用量が2mlなので、1日2回の使用で4ml。ちょうど30日で120mlとなり、ボトル1本を使い切ることになりますね。

③気になる部分にダイレクトに使う(頭全体に使用する必要はない)

育毛剤と言うと毛髪全体に使う印象があるかもしれませんが、気になる部分を中心に使えばOKです。

というか、後頭部などは普通の人は薄毛にならないので、使う必要はありません。

やはり頭頂部や前頭部が中心になりますね。

イクオスのノズルは少しストロー状になっているので、狙った部分にプッシュしやすい作りとなっています。

また、髪の毛が長い場合は、分け目を作って地肌を露出させた方がよりしっかりと浸透させられるはずです。

④イクオスの溶液を使用したら、1~2分ほど待つ

地味ながら実はいちばん重要なポイントがここです。

イクオスの育毛剤溶液を狙った部分にプッシュしたら、1~2分ほど時間を置いてしっかりと成分を浸透させてましょう。

せっかちでいきなり頭皮マッサージを始めてしまうと、せっかくの育毛剤溶液が流れ落ちてしまうかもしれません。

⑤イクオスを使用した部位をしっかりとマッサージし、成分を頭皮に浸透させる

最後に頭皮マッサージを行います。

これは頭皮をほぐすことで育毛剤成分を頭皮にしっかりと浸透させ、さらに頭皮の血行を改善させる目的で行います。

育毛剤イクオスの使用にかかる時間は?

公式サイトによれば「1回1分」で済むとありますが、これはちょっと大げさですね(笑)

そもそも育毛剤成分を浸透させるために、1~2分待つ必要があるので、この時点で1分は超えてしまいます。

使用に慣れた状態で2~3分程度というのが実際のところではないでしょうか。

それでもかなり短い時間で済むので負担にならないのが嬉しいですね。

イクオスは基本的に毎日使うことが前提となっているので、1回の使用にかなり時間がかかってしまうと毎回負担になってしまいますからね。

イクオスの使用方法のちょっとしたコツについて

公式サイトの情報以外に、育毛剤イクオスを快適に使うためのコツをご紹介します。

① 夜は時間をもう少しかけてマッサージを行う
② 朝か夜のどちらかは髪の毛を洗った後にイクオスを使う
③ イクオスを使った後は自然乾燥が基本

① 夜は時間をもう少しかけてマッサージを行う

頭皮マッサージはなるべく念入りに行った方が良いです。

とは言え、働いている方など、朝に十分な時間をとってマッサージをすることは難しいですよね。

その場合は、休みの前の日の夜だけなど、ある程度時間のある時だけでもしっかりとマッサージを行うことをオススメします。

頭皮マッサージをすれば育毛剤の成分をしっかりと頭皮に浸透させられますし、頭皮の血行も良くなるので、育毛ににいいことずくめです。

②朝か夜のどちらかは髪の毛を洗った後にイクオスを使う

育毛剤を使うときに大切なのは、育毛剤溶液をどれだけしっかりと頭皮に浸透させられるかです。

そのため、頭皮に汚れや皮脂が多いと、それらがバリアとなって育毛剤の浸透が妨げられてしまいます。

人によって朝シャワーを浴びる方と、夜にお風呂に入る方がいると思いますが、1日2回の育毛剤のうちどちらかは、洗髪を行った後に使うことをオススメします。

髪の毛を洗った後は、頭皮の汚れや皮脂が少ないので、しっかりと育毛剤を浸透させることができます。

なお、注意点としては、髪の毛をしっかりと乾かしてから育毛剤を使うことです。

水分が残っていると育毛剤の溶液が混じり、十分な浸透が妨げられてしまう可能性があります。

③ イクオスを使った後は自然乾燥が基本

イクオスを使った後は頭皮が少し濡れた状態になってしまいます。

朝忙しい時などはドライヤーで乾かしたくなると思いますが、なるべく自然乾燥させましょう。

その方が育毛剤の成分をしっかりと頭皮に浸透させることができます。

イクオス男性 秋