育毛剤イクオスを強力にサポート―育毛環境を整える食事!

男性型脱毛症(AGA)によって薄毛化が進行している場合、食事だけで改善することはほぼ不可能です。

この場合には、育毛剤を使ってしっかりとケアする必要があります。

しかし、育毛剤によるケアをメインに行いつつ、育毛に良いと言われる食事を取り入れれば、より効果を実感することができます。

また、生活習慣によって髪の毛が弱っている場合や、まだ薄毛にはなっていないが予防したい場合には、育毛に良い食事は十分に意味があります。

今回は、手軽に取れる「育毛環境」を整える食事をご紹介します。

育毛剤イクオスをサポートする食事!

麻婆豆腐

最強の育毛環境を整えるメニューは、やはり麻婆豆腐です。

決めては唐辛子と豆腐(大豆)の組み合わせ。

唐辛子に含まれるカプサイシンという成分は、胃腸の知覚神経を刺激して、「発毛シグナル」のひとつであるIGF-1を増やす働きがあると言われています。

また、豆腐の材料である大豆には、ダイズイソフラボンと言われるこれまた育毛によい成分が含まれています。

唐辛子も大豆も単独で食べても育毛に良い食べ物ですが、両者を組み合わせた麻婆豆腐は非常にすぐれた育毛環境を整える食事です。

コーヒー

コーヒーは嗜好品としてずっと昔から飲まれている飲み物ですが、近年では健康への好影響が注目されています。

最近もまた、コーヒーを1日に2,3杯飲む人はそうでない人に比べて、病気になるリスクが18%も低いというニュースが出ていましたね。

実は、コーヒーは育毛にも良いと言われています。

その秘密は、コーヒー豆に含まれるポリフェノール。

特にポリフェノールに含まれるクロロゲンという成分は、これまたカプサイシンと同じようにIGF-1を増やす働きがあると言われています。

コーヒーなら自分で入れれば毎日飲んでも安いので飲みやすいですよね。

麻婆豆腐は育毛に良いとは言っても、さすがに毎日食べるのは無理ですからね(笑)

牡蠣フライ

牡蠣は「海のミルク」と言われるほど栄養満点な食べ物です。

特に亜鉛が豊富なことが有名ですよね。

亜鉛は男の夜の活力となるだけでなく、育毛においても極めて重要なミネラルです。

髪の毛の90%以上はケラチンと言われるたんぱく質からできていますが、亜鉛はアミノ酸をケラチンにする働きに関わっています。

いわば、髪の毛の生成に直接かかわっているわけですね。

牡蠣はいろいろと男にとって良い食べ物なので、定期的に食べるようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*