育毛剤イクオスを使うのであれば、最低でも3カ月~半年間は継続使用しよう

購入した育毛剤が効いているかどうかの判断はなかなか難しいところです。

しかし、絶対に注意しておいてほしいことがあります。それは最低でも3カ月、可能なら半年間は継続して使用しなければいけないことです。

ハゲ・薄毛の進行具合にもよりますが、どんな育毛剤でも使って数週間や1カ月でフサフサに戻るなんてことはありません。これは育毛剤イクオスに限らず、医薬品指定のプロペシアやザガーロ、リアップでも同じです。

育毛剤が効いているかどうかは、最低でも半年間は様子を見なければいけません。

なぜ育毛剤は最低でも半年は使い続けなければいけないのか?

それは、髪の毛の成長が細胞分裂という複雑なプロセスを経て行るからです。

髪の毛は次のようにして成長します。

まず、毛根の底部にある毛乳頭細胞が、毛細血管から栄養分を受け取り、成長因子などの「発毛シグナル」を作ります。そして、発毛シグナルは髪の毛の元になる毛母細胞まで運ばれます。

発毛シグナルを受け取ったは毛母細胞は、細胞分裂を行うことで増殖を繰り返し、髪の毛として成長してしまいます。

男性型脱毛症などによって髪の毛が次第に薄くなっていくのは、ジヒドロテストステロン(DHT)などの悪玉男性ホルモンによって、この成長のプロセスが阻害されるからです。

それによって、本来なら長く、太く、しっかりと育つはずの髪の毛が、細く、短く、弱弱しい状態のまま抜け落ちてしまいます。これが進行すると、最終的に髪の毛が生えてこないようになってしまいます。

以上が薄毛化が起こるプロセスですが、このプロセスはゆっくりと時間をかけて進行していきます。円形脱毛症などでは一気に髪の毛が抜け落ちますが、男性型脱毛症や老齢による薄毛化はゆっくりと進行するのです。

従って、育毛剤で育毛を行う場合も、ゆっくりとしか髪の毛がしっかりと育つプロセスを取り戻すことができません。

一般的な育毛剤の効果判断は半年ほどかけて行う

男性型脱毛症の治療に使われるプロペシアやザガーロ、リアップなどの医薬品指定の育毛剤では、一般的に半年ほど使用を継続して効果の判定を見るようです。

また、実際にハゲ化・薄毛化が進んでいる人では、効果がある場合は半年程度で実感できるようです。

そのため、医薬部外品の育毛剤イクオスを使用する場合もやはり半年は使用を継続したいところです。

イクオスに批判的なコメントもありますが、中には数週間や1,2カ月しか使っていない方も見受けられます。

もちろん、後で述べるように、イクオスを使ってみて違和感を感じたような場合はすぐに使用を中止すべきです。

ですが、問題がないのであれば半年間、少なくとも3カ月間は使用を継続し続ける方が良いでしょう。

少なくとも3カ月使えば、何らかの変化が実感できるはずです。まったく変化がないというのであれば、それは医薬部外品のイクオスでは対処できないかもしれません。

すぐに育毛剤イクオスの使用を中止すべき場合

もちろん、イクオスの使用を直ちにやめた方がいい場合もあります。

それは、イクオスを使っていて頭皮にかゆみなどの違和感を感じた場合。この場合は育毛剤が体質に合っていないかもしれないので、すぐに使用をやめた方が良いです。

嬉しいことに、育毛剤イクオスには全額返金保証制度があります。購入して使い、すぐに頭皮に違和感を感じたような場合は、返金の条件を満たしているはずなので、すぐに返金を申請しましょう。

まとめ:育毛剤イクオスは最低でも半年間は使ってみよう

育毛剤が効いているかどうかを判断するためには、最低でも3カ月から半年は使い続ける必要があります。

数週間や1カ月程度ではほとんど違いを実感することはできません。これは処方箋が必要なザガーロやプロペシアなどの育毛剤でも同じです。

半年は長いと思う場合は、最低でも3カ月は使用を継続してみてください。3カ月も使えば、効いている場合には、少なくとも何らかの変化は見えてくるはずです。

イクオス男性 秋