イクオスの主成分アルガス-2(Algas-2)に効果はあるのか?

育毛剤イクオスの主成分はアルガス-2と呼ばれる成分です。他の育毛剤には含まれていない、イクオス独自の成分ですが、果たして効果はあるのでしょうか?

いくらオリジナルの成分であっても、育毛に全く役立たなければ意味がないですからね。

今回は、アルガス-2について徹底的に検証してみました。

育毛剤イクオスの主成分アルガス-2(algas-2)とは何ぞや?

アルガス-2は海藻由来の成分です。

具体的には、M-034という北海道産ミツイシコンブ由来のスカルプ成分と、フランスの海岸で採れる多年海藻から抽出したペルベチアカナリクラタエキスの二つのエキスからできています。

海藻由来成分M-034

M-034は育毛剤ではよく使われている成分で、あのミノキシジル*と同等の発毛効果があると言う試験結果もあります。

*ミノキシジルは有名なリアップの主成分で、医薬品指定です。

実際、チャップアップ、ブブカ、プランテルなど名だたる育毛剤がM-034を成分として使っていることから、一定の信頼性はあると見てよいでしょう。

イクオスの公式サイトではM-034を使用したときの毛の再生率に関する試験結果を公表しています。

公式サイトによれば、M-034には髪の毛の成長に不可欠な成長因子を増やす働きがあるとされています。

ペルベチアカナリクラタエキス

ペルベチアカナリクラタエキスはフランスの海岸で採れる海藻から抽出したエキスです。

フランスの海岸と言っても、ブレア諸島という岩の多い厳しい環境のようで、そんな中で生息している海藻由来なので高い再生能力と保水力を持つと言われています。

このペルベチアカナリクラタエキスもまた、成長因子を増加させる働きがあるようです。そして、アルガス-2を開発した会社によれば、M-034と同時に使うと、相乗効果を示すとのこと。

育毛剤イクオスの主成分アルガス-2の効果に関する試験結果はちょっと怪しい?

育毛剤イクオスの公式ウェブサイトでは、イクオスを3カ月間使用した方がどれだけ実感できたかに関する試験結果を公表しています。

それによれば、使用者の78%が「3カ月以内に実感」しているとのこと。

比較対象として、キャピキシル5%配合ローション(56%が3カ月以内に実感)とミノキシジル配合の育毛剤(43%が3カ月以内に実感)の二つが使われています。

このデータだけ見ると「イクオスすげぇ!」となりますが、ちょっと注意が必要です(笑)

使用者が「実感した」とありますが、この実感というのは使用者の自己判断になります。

もちろん、育毛剤の効果において使用者の判断は大切ですが、これが医薬品指定の育毛剤の臨床試験であれば、しっかりと医師が評価します。

この点、イクオスの試験は医薬品の臨床試験に比べてやや甘い基準と言えます。

また、公式サイトで公開されている試験を行ったのは育毛剤イクオスの関係機関であると言われています。第三者機関による客観的な評価というよりは、自社試験でのデータという感じですね。

そのため、多少は割り引いて見る必要がありますが、それでもイクオスがかなり実感できる育毛剤であることは間違いないようです。

アルガス-2の副作用は?

アルガス-2は北海道産ミツイシコンブンとフランス産の海藻から抽出したエキスを使っています。

もちろん、天然由来の成分だからと言って絶対に安全というわけではありませんが、少なくともアルガス-2で問題となるような副作用は今のところ報告されていません。

また、アルガス-2の成分のひとつであるM-034はチャップアップやブブカなどの育毛剤でも使われていますが、これについて副作用が問題になったとの報告はありません。

同等の発毛力があると言われているミノキシジルはもともと降圧剤として研究されていたように、血圧低下などの副作用があります。

ミノキシジルと比べると安全性は高いと言えるでしょう。

アルガス-2は単なる保湿成分か?

アルガス-2の名目は保湿成分です。

育毛剤イクオスは医薬部外品に指定されていますが、これはセンブリエキスとグリチルリチン酸ジカリウム、そしてジフェンヒドラミン塩酸塩という三つの指定成分を含んでいるからです。

アルガス-2は医薬部外品の指定成分になっていないのであれば、効果はないのでは?と疑問に思う方もいるかもしれません。これはもっともな疑問ですね。

結論から言えば、保湿成分だからと言って、必ずしも効果がないわけではありません。

実は、医薬部外品の指定成分として登録するためには、必要なデータを取り、何度も申請しなければいけないなど、かなりコストがかかります。

そのため、医薬部外品として販売するためにセンブリエキスやグリチルリチン酸ジカリウムなどのすでに指定成分となった成分を含み、主力成分は保湿成分として含める、という手法がよく使われます。

もちろん、本当にこのような理由でアルガス-2が医薬部外品指定成分ではなく保湿成分となっているのかは、メーカー側に聞いてみないと分かりません。

しかし、主成分を保湿成分とし、センブリエキスなどを医薬部外品成分とする手法は、多くの育毛剤で使われています。例えば、バイオポリリン酸のポリピュアEXなどですね。

ですから、保湿成分であるからと言って、アルガス-2が育毛に無意味というのはナンセンスです。

イクオス男性 秋